メニュー

アルカリイオン水の効果

食品販売店やコンビニで売られている飲料水の中に、「アルカリイオン水」というものは多く、その名前も今では広く浸透していると言えるでしょう。では、アルカリイオン水とはいったいどのような水なのでしょうか。

私たちが普段利用している水は、基本的には中性です。しかし、これを電解して酸性とアルカリ性に分ける事で、アルカリ性の方の水はアルカリイオン水として利用する事ができます。アルカリイオン水は、その名の通りアルカリ性で、からだに溜まった不要な酸や不純物を取り除いて、からだを整えてくれるとされています。鉄が酸で錆びてしまうように、人間のからだにも酸はあまりいいものではありません。人間の体内の不要な活性酸素を取り除いて酸化を防いでくれるとともに、様々な病気の予防になると言われており、これらは様々な実験から実証されています。

さらには、皮膚の老化や、シワ・たるみなどの予防にも効果があるといわれています。人間の体内の大部分は水分でできていますから、これらの水分を綺麗にして酸化に強くしてくれるというわけです。

また、アルカリイオン水は人工的に電解されて精製されるものと、天然のものとがあり、山岳水や地下水などの一部天然水にもアルカリイオンを含んだものが存在し、必ずしも人工的に精製されたものというわけではないようです。

ウォーターサーバーのメーカーでもアルカリイオン水を提供している販売業者もありますので、健康に気を使われる方は是非試してみるといいかもしれません。

ウォーターサーバーの何を重視するのか

費用について考える際に、同時にウォーターサーバーに何を求めるのかという点も重要になってくるかと思います。 例えば、ただ単に水が安く飲めればいいというのであれば、トータルの価格設定が安い業者を選べばいいでしょう。 しかし、人の出入りが多い自宅に設置して客人が来ても恥ずかしくないような物であったり、部屋のインテリアにこだわっているため、ウォーターサーバーは設置したいが、部屋の外観は損ねたくないなどの理由であれば、価格はもちろん安い方がいいですが、それはデザイン性の次になるでしょう。他にも、小さなお子さんや赤ちゃんが飲んでも安心の飲料水を求めているのであれば、ウォーターサーバーにもそれなりの安全が保証されている物を選ぶでしょう。 ウォーターサーバーのトータルの価格というのは、実はどこも大きく変わるものではありません。それであれば、様々な種類の中から何を重視して選ぶのかによって、まずはメーカーの選択肢がだいぶしぼれてくるのではないでしょうか。その中から、少しでも安いサーバーを選べばいいわけです。中には、数種類の銘柄の水を取り揃えていて、好みに応じて届けてもらう水を選べる業者も存在します。水を重視する場合はそのようなメーカーを選択肢に入れる事もできます。 現在では、ウォーターサーバーは家庭用レンタルのサーバーが普及したおかげで、一般家庭にもウォーターサーバーが広く浸透したお陰か、デザインや機能性、サーバーの大きさやボトルの容量などが本当に多種多様に出回っています。 是非ウォーターサーバーを選ぶ際は、まず何を重要視するべきなのかを考えてみてくださいね。

食事制限により減量をする

もしも減量を志すのであれば、ダイエットにいい食事とは何かを把握することです。どのように食事内容を減らすことが、減量効果があるのでしょう。減量に取り組む時に大事なことは、食事の量を減らし過ぎて体に負担をかけないことです。日本人の女性が食事からとるエネルギーは平均して1日2000キロカロリーです。一日の食事の量を1500kcalにすれば、1週間で500gぶんの減量が可能になります。減量に取り組む時の目標設定は、今の体重の15%減くらいを目指すとちょうどいいでしょう。極端な減量は健康を害します。減量するための食事でおすすめなのが和食を中心としたメニューです。野菜、きのこ類、魚、貝などでメニューをつくりましょう。夜食やおやつが欲しい時は果物や低脂肪ミルクにします。ビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質、たんぱく質は生きていくために必須の栄養素ですので、減量をしていても摂取します。カルシウムが不足し、減量が原因で骨粗しょう症になる人が増えているといいます。ビタミンやミネラルは、カロリー制限をするとつい少なくなりがちな栄養素です。カロリー制限をしながらも、満腹感のある食事をするためには、食材にひじき、こんにゃく、キノコなどの低カロリーの食材を積極的に使って料理をすることです。おいしく食事を摂りながら無理のない減量をしていきましょう。

食事療法による減量の方法

肥満の治療のために、食事療法による減量の必要性が生じることがあります。肥満度が高い人ほど大ががりになります。肝臓疾患や心疾患がある人が食事療法を行う場合、医師とよく相談しなければなりません。食事療法による減量にもいくつか種類があります。ひとつは減食療法という食事療法です。理想的な糖尿病食と普通食の中間くらいの食事メニューにすることで、摂取カロリー量を1日1200〜1800kcalにするというものです。よりカロリーを下げるには、低エネルギー食になります。1日600kal〜1200kalの食事になりますが、これは相当大変なものです。家族や周りの人の理解も不可欠になります。ビタミンが不足しないようにビタミン剤を摂取します。禁酒は前提であり、砂糖や脂質の制限も加えられます。肥満体型の人が食事療法をしっかり行うことで、10sの減量効果が期待できるといいます。もっとカロリーを抑える食事療法である超低エネルギー食による減量方法もあります。ただし、超低エネルギー食は、栄養学に関する専門的な知識がなければできません。医師の指導のもと、管理栄養士が栄養指導をしながらそれぞりの人に見合った減量方法を提示します。肥満度が高く健康にも影響を及ぼしかねないという人は、一度医師に相談したうえで、食事療法による減量にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

食事制限で減量をするコツ

食事から摂取するカロリー量のコントロールと、適度な運動が減量のポイントですが、食事制限はなかなか困難です。どんな方法で食事を減らすと、減量に効果的でしょう。食事は分量を少なくすることをまず最初に考えます。食事の量を減らす場合には、量より質を意識するのがおすすめです。食べる量を少なくする分、食べ物の質をアップさせるのです。目安としては、安いスナック菓子を食べずに、小さな和菓子を味わって食べるというやり方に切り替えます。食事量を減らす方法に、一つの場所でしかものを食べない習慣をつけるというやり方もあるようです。なかなか減量が成功しない人の多くは、何かをしながら食べていることが多いといいます。デスクワークをしている時や、テレビを見ている時などにスナックをつまんだり、甘いジュースを飲むのが習い性になっていると減量は困難です。他のスペースでは食べないという決まりを作ると、食事をするという行為に神経を向けやすくなって食べ過ぎ予防になります。胃袋を大きくしないことも食事制限で減量を成功させるポイントです。腹八分目を心がけましょう。常にお腹がいっぱいになるまで食べていた人が腹八分目でストップすることは、足りない感じがするかもしれません。しかし、それがちょうどいいことはほどなく体が慣れることでわかります。減量のために食事を減らすためには、無意識のうちに物を食べているという不健康な生活習慣の見直しも大事になります。習慣はエスカレートしやすいものなので気を付けましょう。ちょっとした工夫で食事制限による減量を達成すすることができるので頑張りましょう。